NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR レビュー & 作例 これは良いレンズ。

アイキャッチ Nikon
アイキャッチ

こんにちはひぃ〆です。

この度NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VRを購入しました!!

ニコンZマウントを購入する際にこのレンズを軸にしてレンズシステムを揃えていこうと思っていただけに喜びもひとしおです^^

NikonZマウントフルサイズ用としても初めての便利ズームの実力はどんなものか早速テスト撮影してきましたのでご覧ください!!

公式のスペックはこちらの記事を参照です

外観とズームによる鏡胴の伸び

結構ビヨーンと伸びます

もちろんインナーズームではありませんのでズームすると伸びます。

便利ズームですとどんな感じで伸びるか結構気になるんですよね。

ズーム倍率を考えるとまぁこんなものですよね。

カメラを構えてズームした際のホールディングは良好です。

ただ回転角が大きいので24mmから200mmまで一気に回そうとすると手首が辛いです。

そもそもそんな操作を頻繁にする撮影シチュエーションも考えにくいのであくまでテストでの話です。

上から
ズームロックスイッチ

ズームロックスイッチが付いています。

持ち運びしている時にビヨーンと伸びるのを防止するスイッチですね。

24mm側で固定できます。・・・けどこのスイッチって使います?笑

このレンズに付いているスイッチはこれだけで

AF・MF切り替えスイッチとVR(手ぶれ補正)のオンオフのスイッチは付いていません

本体の方での切り替えになります。

まぁこの辺りはどうなんでしょう。手ぶれ補正はそうそうオフにすることはないですしAF・MFの切り替えはファンクションボタンに割り当てていますので個人的に問題ありません。

NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR 作例

さてさて作例の方に参りましょう。

購入初日でしたのでテスト撮影を主に撮ってきました。

やっぱり基本的な描写性能って気になりますもんね。

各焦点距離の最短撮影サンプル

その辺に生えていた実を撮ってきました。

手持ち撮影・適当な性格なので厳密ではないのでご注意ください。

24mm
24mm
35mm
50mm
70mm
100mm
135mm
200mmちょっと甘いので手ブレか?

ご覧の通りになりますが200mmに近づけば近づくほど撮影倍率が大きくなります。

テレマクロとして使う分には大変良いですが

テーブルフォトや料理写真を大きめに撮るときは広角側の寄れないことに注意してください

近接での撮影はNikkor Z 24-70mm f/4 S の方が全域で寄れて使いやすいかもしれません。

まぁ花や風景など外で使う分にはむしろ200mmテレマクロを使う方が有り難かったりするので使いようですね。

ボケはどうです?

F値は暗くてもやっぱり気になるボケ具合。

こちらも手持ちで撮影です。

どれも200mmF6.3での撮影になります。

前ボケも後ろボケもいいですねぇ〜

特にザワザワすることもなく見易いと思います。

130mmF8

130mmF8での撮影。

ピント面はシャキッとして良いですな。

玉ボケテスト

本来はイルミネーションとかでテスト撮影したかったんですが夕暮れ前の海です。

ですのでMFで海に輝く太陽でのテストです。

少々意地悪なテストですが参考までにどうぞ

200mmF6.3です。

まぁ・・・玉ボケが激しすぎてよくわかりませんね笑

四隅の方は多少ぐるぐる気味ですがまぁこんなもんでしょう。

目立つ年輪ボケも見当たりませんしなかなか良いのでは。

風景と自由作例

ここからは普通に写真を撮った作例をご覧ください。

基本的にピクチャーコントロールはオートで完全に撮ってだしです。

NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR ファーストインプレッションまとめ

購入初日でしたので主にテスト的撮影をしてきましたが第一印象としては

これは良いレンズ

高倍率ズームにはあまりいい思い出がなかったのですが(笑)このレンズは普通に便利に使えそうです。嬉しい。

そこそこ軽いしテレ端も大きく写せるし24mmで風景にも使いやすいって印象です。

もう少し使い込んで作例を増やしていきたいですね。

動体にもどれだけ使えるか是非試してみたいところです。

しばらくNIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR 使ってみてまた追記します!!

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました